わきがの原因

30代になってから突然わきがになるというのは考えにくいことです。しかし、子供のころからわきがであっても気づかないまま大人になるということもありますし、女性は生理や妊娠などでホルモンバランスが崩れると一時的に匂いが強くなることもあります。

 

または、食事や生活習慣が原因のこともあります。

 

社会人になるとストレスも増えるので精神的なものも考えられます。こういった場合はリラックスして疲労感をなくすことが一番です。ストレスを感じると異常に汗をかいてしまい、その結果菌が増えて匂いが強くなってしまうことがあります。

 

わきがは女性ホルモンの影響!?

ワキガに悩みを抱えている人は多いと思います。

 

ワキガは性ホルモンが大きく関わっており、ホルモンの活動が活発な若い時期に強くなりがちなのです。

 

男性だけではなく女性もワキガで悩みを抱えている人が増えているようです。性ホルモンの活発な10代から30代に臭が強くなりがちです。また、加齢とともに性ホルモンの働きが低下していくので、臭も落ち着いてくるのが一般的だと言われています。

 

そして、ホルモンの変動によってワキガ臭も変化していくようです。特にホルモンの変動が大きいのは、男性よりも女性の方なのです。

 

女性は毎月の排卵や月経時期になると臭が強く感じるという人が多いと思います。普段自分の臭いが気にならないという人でも、ハッキリ気づくようです。女性ホルモンの影響や変動で、ワキガ臭も強くなるということなのでごく普通の現象なのです。

 

人によって強さが異なってくるので、脇スプレーなどで対策をとっている人も多いようです。ワキガは決して病気ではなく、当たり前の現象なので自分の体をしっかりと理解していくことも大切だと思います。

 

閉経を境に女性ホルモンの分泌が急激に減るので、そのころからワキガ臭も少なくなっていくのです。しかし、更年期障害の一環として、汗の量が増えると逆に臭がキツくなる事もあるようです。

どうすれば良いの?

汗をこまめにふいたり、運動して皮脂を出すなどといったことで改善します。いらいらしてたばこの量が増えると体臭がきつくなるので控えた方がいいでしょう。自分なりのストレス解消法を考えてみるのがいいと思います。

 

自分で気づかずに人に指摘されてしまうこともあります。わきがの程度が弱いときや、嗅覚障害のこともあります。あとは自分のニオイは嗅ぎ慣れてしまっていたり、香水をつけているとそちらでわからなくなってしまっていたり。

 

普段から抗酸化作用のあるものやアルカリ性の食品をとるのが予防改善の近道です。バナナ、かぼちゃ、にんじん、大豆、緑茶、海藻類、梅干しといったものをバランスよく食事に取り入れましょう。
食物繊維の多い食品と一緒にとって腸内環境をよくするのも名案です。

 

どうしてもお肉を食べたいというときはこんにゃくと一緒に食べましょう。体臭予防になります。

わきがの原因記事一覧

 

ピロルリアとはピロールというヘモグロビン合成の副産物で、独特の匂いを持つ黄色い液体が尿の中に検出されている状態です。ピロール尿症とも呼びます。このピロルリアの症状はたくさんあり、まだ研究段階ではっきりとしたことは解明されていません。症状としては疲労、うつ、体臭、摂食障害などがあります。ビタミンB6や亜鉛が不足すると起こりやすいようです。生活習慣や栄養バランスのいい食事を心がけると症状が改善されると...