エクリン汗線とアポクリン汗線って何が違うの?

エクリン汗腺はほぼ全身の肌にあります。
ここから出る汗は肌表面の汗孔(かんこう)という穴から出てきます。この汗は酸性で99 %が水分です。それ以外は塩分とカリウムなどが含まれています。

 

一方、アポクリン腺は脇の下、耳、乳輪、陰部にあります。
こちらの汗は毛穴から出てきます。この汗はアルカリ性で水分は70~80%で残りはたんぱく質、脂質、アンモニアなどが含まれています。

 

人間の汗のほとんどはエクリン汗なのですが、アポクリン汗はストレスを感じたときに分泌されます。アポクリン汗腺は誰にもあるものです。ではなぜわきが体質の人とそうでない人がいるのでしょうか。それは数と大きさに違いがあるためです。においが強い人は数が多く、粒の大きさも大きいようです。

 

アポクリン汗線は悪者?

アポクリン汗腺は、悪いことばかりと思われがちですが、最近ではそうではないという意見もあります。

 

もともとアポクリン汗腺は異性を惹きつけるフェロモンの役割をしてきましたが、今ではその役割がなくなってきたので一部の場所にしか存在しなくなってきました。

 

今はこの場所から汗を出すことで、デトックス効果があるといわれています。

 

臭いのある汗をかくことで体が新陳代謝を行うようになり、基礎代謝が上がり、その結果脂肪が燃焼してダイエットにつながるのです。この時、ポイントとしては低温でじっくり汗をかくということ。

 

高温だとエクリン汗しかかきません。岩盤浴などで高温の部屋に入るとサラサラの汗しかかかないはずです。汗をたくさんかいたあとは体をきれいに流し、水分補給をしっかりしましょう。

関連記事