ピロルリアがわきがの臭いの原因?

ピロルリアとはピロールというヘモグロビン合成の副産物で、独特の匂いを持つ黄色い液体が尿の中に検出されている状態です。

 

ピロール尿症とも呼びます。

 

このピロルリアの症状はたくさんあり、まだ研究段階ではっきりとしたことは解明されていません。

 

症状としては疲労、うつ、体臭、摂食障害などがあります。ビタミンB6や亜鉛が不足すると起こりやすいようです。生活習慣や栄養バランスのいい食事を心がけると症状が改善されるとのことです。

 

わきがの治療にも食事の改善はよく言われています。栄養バランスが崩れると悪臭の原因になるということではないでしょうか。ピロルリアはまだ詳しいことがわかりませんが、生活習慣病といっても過言ではないという医師が多いです。
健康な食生活を送っていれば悪臭が発生することはまず少ないと思います。わきがも以前に比べると低年齢化していて、小学生でも悩んでいる人がいるようです。

 

ピロルリアの原因は?

ピロルリアの原因は、やはり食生活の乱れだということです。昔ながらの和食をとることで体質改善することができるため、デオドラントケアを行いながら食生活を見直してみる必要があります。

 

このピロルリアで厄介なのは体臭だけでなく、精神疾患も起こりやすい点です。匂いが原因でストレスを抱えてしまうため、症状が悪化してしまいます。ピロールの分析も常温や光にあたると分解されてしまうので難しいようです。

 

発育不足や思春期の遅れなども引き起こすため、早期に対策したい症状なのです。