わきがの臭いは寒い方がキツイ!?

ワキガは、夏と冬ではどちらの方がキツイと思いますか?

 

露出の多い夏だと感じる人が多いのですが、実は乾燥する冬場の方がワキガ臭がきつくなるのです。

 

冬場は厚着をして、汗をかくと中で臭がこもってしまいます。臭いが外に漏れにくいので、冬はワキガ臭が気にならないと勘違いしがちなのです。

 

汗をかいても乾燥しているので、臭はもっとキツくなるのが冬場の特徴と言われています。

 

冬は大丈夫だと思っている人も多いので、夏も冬もしっかりとワキガ対策をしていくことをおすすめします!

 

保湿でわきが臭を抑える

乾燥が気になる時期はワキに保湿クリームを塗っておくと臭がきつくなりにくいので、保湿クリームをする習慣をつけておくと良いでしょう。そして、その上からスプレーをして臭を紛らわす方法もあります。

 

また、ワキガが強くなってしまう原因の一つに、脇毛処理が挙げられます。

 

カミソリで処理してしまうと皮膚に傷が付き、刺激やダメージを与えてしまうのです。処理をしてもアフターケアをしっかりとしていれば良いのですが、しない人がほとんどです。
おすすめの処理方法は、電気カミソリで少しずつ処理していくことです。皮膚に触れない程度がダメージを少なく処理することができるのです。

 

何かと手間が掛かりますが、ワキガ対策をしていくことで嫌な臭いを抑えて快適な生活を送ることができるので試していきましょう!

 

関連記事