わきがと多汗症の違いとは?

わきがはアポクリン腺の働きが活発なために汗のにおいがきつい状態です。脂肪やたんぱく質が含まれているので汗が黄色くべたつきます。汗は少ないこともあります。

 

それに対して多汗症は、エクリン腺という別の場所から出る汗で臭いはありません。無色のさらさらとした汗がたくさん出てくるといった状態です。原因としては精神的なものが多いようです。

 

このようにわきがと多汗症というのは、本来別のものです。しかし、多汗症の場合でもしばらく放置していれば雑菌が発生して匂いがすることもあります。そのため、臭いがするから絶対わきがと決めつけないことが大事です。

 

また、わきがと多汗症が同時に起こってしまうこともあります。そうすると軽度のわきがだった人も匂いが広がって重度になってしまうこともあります。

 

わきがと多汗症の簡単な見分け方って?

わきがと多汗症の簡単な見分け方は、

汗の黄ばみがあるかどうか?

耳垢が湿っているかどうか?

などがあります。

 

この2つを見れば大体の判断がつきます。しかし、自分で判断できない場合は迷わずに病院で検査してもらうのが良いでしょう!正しいケアをしないと余計に悪化してしまうこともあるからです。

 

特にわきがの症状がなくても、調べてみるとアポクリン腺が多いといった人もいるからです。

 

完全に判断するには切開して見ないとわかりません。まず、医師が見るのは手や脇といった汗をかきやすい場所です。目視で確認したあとは発汗計でどの程度の進行かを判断します。進行度は1から3の3段階に分かれており、これらを元に手術するかどうかを決めていきます。

 

関連記事